0歳児って何を考えているのかわからない、、、そして、どう接していいのかわからない、、、自分の赤ちゃんなのに操作できない、、、泣き止まない、、、
母親失格???なんて思った事があるのは私だけでは無いはず。。。
スポンサーリンク  
私は1人目を出産した時は、1人で子育てをしなくては!という思いもあり、結構いっぱいいっぱいの一生懸命で子育てをしていました。

その後、保育士として働き、沢山の研修や様々な専門家のありがたい話を聞く機会をもらい本当に大切な赤ちゃんとの関わり方を学びました。

赤ちゃんが何を考えているか、、、

まずは心の中の事。

赤ちゃんは約10ヶ月お腹の中で安心してぬくぬくと大きくなってきました。産まれてくるまでの赤ちゃんの世界は手を伸ばしても羊膜にぶつかる狭い世界。ずっと抱かれている感覚です。そこが赤ちゃんにとっての温かな全世界でした。

しかし、外の世界に興味を持ち、出てきてみるとそこは広い世界。赤ちゃんにとっては初めての刺激的な世界です。手を伸ばしても何にもぶつからない広い世界。

赤ちゃんは安心感を求めています。

お腹の中でハッキリと聞こえていたお母さんの声がよりハッキリと聞こえる様になり、その声は安心感のあるものと認識しています。そして、その腕で抱かれ、声をかけられて、心地良さを感じる事で、その安心感はより深いものになっていきます。
スポンサーリンク  
どうして泣くのか。。。

赤ちゃんの唯一の伝達ツール。それは泣く事です。不安。お腹空いた。お尻が気持ち悪い。暑い。寒い。どれも泣いておしらせします。


抱っこしても、授乳をしても、オムツを取り替えても、着替えさせても泣き止まない。。。そんな時は泣きたいから泣いているのです。

大切なことはお母さんが赤ちゃんの要求に応えようとする事です。

自分が何かを訴える時、一生懸命何かをしてくれる人がいる。自分を助けてくれる。生かそうとしてくれる。安心感を与えてくれる。と感じられる事が大切な事なのです。
 
これを繰り返す事で愛着が生まれます。

泣く原因を探し、どれも違っていれば泣きたいから泣いているのです。焦る必要はありません。

何があっても守ってあげるからね❤︎泣きたいからね泣いているのね☆とどっしりと構えていれば大丈夫です。

しかし、産後はお母さんのホルモンバランスは今までとは全く違い、いつもの様な思考、ポジティブな考えには中々いきつきません。それはホルモンバランスが崩れているから!!!!

いろいろな事を不安に思うのはホルモンバランスが崩れているせいでもあるのです!どの動物も子どもを守る本能で産後は殺気立っていて、常に気を張ります。
人間もそうなのですね。

赤ちゃんの要求に応えようとする事。中々難しい時もあるかもしれない。

しかし、愛着は取り返せます。もう嫌だ!!!どうして泣くの!?と怒り、放ってトイレにこもってしまう事があるかもしれない。でも、その分余裕のある時に「泣きたいから泣いたんだね。」と抱いてあげれば良いのです。

お母さんも少しずつお母さんになります。すぐにお母さんにはなれません。

大切なことはお母さんがお母さんになる事。その子に最大の安心感を与えられるのは他の誰でもないお母さんなのです☆

赤ちゃんはママがが1番大好きです。

それを理解してどっしりと構えていれば赤ちゃんは安心感の中、健やかに育っていくのでしょう☆

なぜ泣くのか。産まれたばかりの身体にもその要因はあります。

次の記事で紹介します☆

ランキングに参加しています。 ポチッとお上お願い致します。 にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村