保育士時代、トイトレが始まると必ずと言っていいほど聞かれた補助便座の選び方☆ おまるを買えばいいの?それとも補助便座?踏み台付きもあれば取っ手付きの物もある。かと思えば本当に便座だけの物もあり、悩んでしまいますね。。。
スポンサーリンク 保育士視点からと実際使ってみた感想を総合してオススメを紹介します♪ まず、保育園のおトイレは子供用で大人ではお尻が入らないほど小さく可愛いものです☆子どもたちは足も床につきますし、便座のサイズが丁度いいので安心して使う事が出来ますね☆ 足が付くと、安心して利用できるほか力みたい時にしっかりと足でも踏ん張る事が出来るなんていう利点もあります☆ となると踏み台付き便座☆ を家庭でも用意するのがベスト???ですが、あれは場所も取りますし、値段もお高い。。。トイトレが終わってもしばらく小さなお尻の事を思うと、長い事トイレに置くことになります。それを考えると私は必要ないかなー?と思ってしまいます。 子どもにとって利点も多いですが、私としてはそれを上回る欠点が多い、、、我が家は狭いですし、踏み台は牛乳パックなどで代用してあげれば後で捨ててしまえばいいし、リサイクルで地球にも優しいでしょ♪なんて狭いお家と節約志向の自分への言い訳でもあります。笑っ でも、本当に子どもの足が付き安心でき、なおかつ踏ん張れる環境☆と思えば何でも代用は出来るかな?なんて思います☆ そして、おまる☆ 保育園のトイトレの最初は午睡明けから始めます☆午睡明けにオムツが濡れていないと必ずと言っていいほど排尿に成功します☆最初は排尿したことに驚く子も多いですが、繰り返していくうちに出る感覚を覚えて、褒められることで良いことだと知り、自信に繋がってトイレを好きになってくれるのですね☆ しかし、保育園は広い。。。おはよー❤︎と寝ぼけ眼の子どもがコロコロしているのを待ち、そろそろおトイレに行ってみようかー?と声をかけてからトイレに向かうとその距離の長い事長い事。。。笑っ なので、おまるを用意してここに座ってみようー!アヒルだよ❤︎なんて始めます。 オマルの利点は「すぐ、ここに用意できる。」と言う事です☆ ただ、欠点も多い。。。後処理がすごく面倒。。。置き場所に困る。使う時間はごくわずか。と言うところでしょうか。 子どもはある程度の感覚を身につけると我慢する事が出来る様になります。なので、しばらく使って排尿の感覚を身につけるとおまるは卒業し、トイレを利用する様になります。 家庭ではとてつもなくお金持ちなんて事でもない限り、おトイレはそんなに遠くないのではないでしょうか? トイトレの導入としてはすごく重宝するおまるですが、私は後処理がすごく嫌なのと、置き場所に困る事、なにより我が家は狭いので、すぐそこ!がすでにトイレと言うことを思えばおまるは必要ないかな?と思います。 スポンサーリンク そして、ただの便座。これは値段が安い!!!西松屋で購入すると600円くらいで買えます。とても簡易的で場所にも困らない。長男は遠き幼き頃ですが、これを使いました☆ 好きなキャラクターの物にする事で、喜んで向かいましたしトイトレもスムーズにいき、困った事は無かった☆と思います☆ ただ、よっこいしょと抱き上げで便座に乗せていた事。寝ぼけ眼だとふらぁーっと落っこちそうになる事なんかはあったかな?と思います。 そして、取っ手付き便座☆ 現在、我が家の1歳児が使っています☆ 安いと1000円くらい、キャラクターを選ぶと3000円くらいで購入できます。 場所にも困らないし、取っ手を掴んで安定して座ります。なんでも自分でやりたいーーーー!!!とすごい自我で訴える我が子は取っ手を掴んで自らトイレに座る事もしています。 すごく重宝しているので、私のオススメは取っ手付きの便座です☆ どれも、利点や欠点があったり、我が子への向き不向きや好きなキャラクターなんかもありますよね☆ 総合するとどのタイプが合っているかはそれぞれかな?と思います☆ トイトレは無理に行おうとすると、子どもの負担になり、逆効果になる事があります。 いくら体が大きくても、年齢が高くても子どもたちの見えない体内の成長はわかりません。膀胱が大きく、たくさん貯めておける子もいれば、そうでない子もいます。 トイレで排尿する感覚を気持ちいい☆と絶対に思えるもので、健康な子どもであれば小学生になってもオムツという事はありません♪ それぞれの心と体の成長に合わせて、楽しくトイトレが出来ると今後の子どもの心の成長や身体の成長に良いものになるのでしょうね☆ 我が家も無理なく、楽しくトイトレを進めていきたいと思います☆ ランキングに参加しています。 よろしければ応援をお願い致します☆ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサードリンク